スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告


 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いつもコメントや拍手など、応援頂きありがとうございます。
みなさまからの
  「励み・元気・温かい言葉」などを頂き、頑張っています。
  「悩み・質問・ブロとも・冷やかし」 何でも嬉しく思います。

◆◇◆1日1回の応援クリックお願いします◆◇◆
 にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ blogram投票ボタン


舌癌治療の現状確認

2009/07/03 (金)  カテゴリー/闘病日記


 
2009年3月に舌癌であることが発覚し、
本人の意思とは無関係に治療方針が決まり、現在に至りました。

本人の意思とは無関係というのは、
主治医の先生が悪いということではありません。

通常、ガンというのは告知され、
「どうしよう」・「どうなってしまうのだろう」など不安を抱き、絶望の淵にたたされてしまう状態になってしまうと聞くところの話では、そういう慌てふためき方をするようです。

しかしながら、私の場合、
本人が一番ケロッとしていましたので、
周囲の人(主治医の先生も含めw)がバタバタとしてたような気がします。

先生の感じ方ですと、本人は治療する気があるのかないのかもよくわからなかったみたいで、驚きもしないし、適当な返事しか返ってこないので、善は急げとばかりに手術の日取りからなにから先生が決めてしまった状態でした。

こんな感じでしたので、手術の日取りも決まり、PET検査の予約・日程、組織の採取の日程、などなどが勝手に決定していき、それに合わせて動いたという状況です。

振り返るとつらかったと思ったのは、

※金銭
①手術後の3泊4日のICU生活
②検査のための細胞採取
③抗がん剤治療
④副作用
⑤入院生活


このような内容がつらかったと思います。

まぁ、入院生活なんぞは慣れですので、そこまでつらいとは思いませんが、
①~④までは、振り返るとかなりの辛さで、二度と経験したくないと思いました。

このブログを見ていただいている感じでは、
そこまでつらそうに感じないと思いますが、意外と本人は悲痛なのです。(笑)


①手術後の3泊4日のICU生活は、
舌癌の切除、リンパ節郭清術という手術後にICUという所に監禁されました。

特にリンパ節郭清術をしたことにより、
首の血管をつないだということでしたので、体を動かすと血管が切れてしまい、
再手術をしないといけないということでした。

そのため、腰やら背中やらが激痛で眠ることができない
というぐらいの痛みに耐えていました。
最後の最後まで我慢させてから鎮痛剤(ロキソニン)を投与されて、
ようやく痛みが無くなるという状況でした。

この時に、看護師さんや麻酔科医へ「痛い」というアピールを
何回もしていたのですが、「痛いのは当然です」という返事が返ってくると、

「白衣の天使じゃねぇ!悪魔だ!」と心底思います。
しかしながら、最後の最後でアピールした看護師さんと麻酔科医が良かったみたいで、
すぐに痛み止めを処方していただき、最後のラインで踏みとどまることができました。

この時に、「良いも悪いも、人なんだな」と改めて感じ、先生なども腕は良くても
後々までのフォローができないような人なら、
癌をはじめとする本人の意思ではどうすることもできないような病気などでは、
再発などの問題が起こるのだろうなと感じました。


同時に、手術後はタンとの戦いもあり、ICU生活だけで、
ティッシュボックスを10箱ほど使うという状態でした。

これはどんな感じかと言いますと、ティッシュボックス10箱分のタンを取る。(そのまんまやw)
ティッシュボックス10箱分のタンは、とにかくひっきりなしにタンを取っている状態です。

いまタンを取ったら、すぐにティッシュに手を伸ばし、
またタンを取るといった連続でタンを取り続けている状態で、
舌癌の切除をしていますので、タンと血が絡まった状態のものを常に取り続け、
術後間もないので上手にタンを取るのが難しい状態。

そのような状況だったこともあり、
余計な力がいろいろな所に入ってしまい、
最後の方は喉からも血が出ていた状態だったようです。


取りとめもない内容だったので、よくわからないと思いますので、簡単に

ICUでは、血管が切れたらダメなので動いてはいけない状況にあり、腰、背中が床ずれで激痛を伴いました。さらに、手術後にタンが常に出るため、ティッシュを10箱ほど使い、常にタンを取っていた。これらのことがあるため、寝ることもできず、昼も夜もわからない状態になり、時間の経過が非常に遅く感じて、3泊4日のICU生活が、1~2週間ぐらいの生活に感じます。


②検査のための細胞採取

ICU生活の次に辛いと思ったのは、ガン細胞の採取でした。
時間的にはたったの5分ぐらいですが、非常に辛い。。。

この細胞採取ですが、何のためにするかというかと、
「癌ですよ」という確定をするためのものです。
主治医の先生は、20年の経験から9割癌ですというぐらいなら、検査いらねぇーじゃんと思いましたが、そうはいかないのが現代の医学の世界です。

この細胞採取ですが、一番不安に感じた内容でした。
先生曰く、「簡単に終わりますから。」と話を聞いただけで、
実際に細胞採取がはじまると、とんでもない現実でした。

一番最初に説明を受けたのは、

「麻酔をして細胞をちょこっととるだけだから」と言うことでしたので、「そうですかぁ」としか答えようもなく、促されてしまう状況になりました。

最初にしたことは、サインです。
何のサインかというと、細胞採取の同意書です。
よくみると、「小手術」と書いてありました。

心の中では、「言ってることとすることが大分違うんじゃない?」と思ったぐらいです。

サインをして、実際に始まると、
緑の布が出てきて、真中に丸い穴が開いていました。
(手術でよくみる緑の布の小さいやつを思ってもらっていいです。)

それを顔にかぶせられると、余計不安に。。。

次にすることは、ガン細胞を検査に出すために細胞を採取しなければならないのですが、舌に麻酔をしなければいけません。スプレーみたいな麻酔をしてから、注射をするのかと思っていたのですが、スプレーなんてものはありませんでした。布を被せられて見えませんが、このことを察知するだけで、心がへこみます。

麻酔の針が舌に刺さると、とんでもない激痛が走ります。
ホントに痛いと声もでないほどで、「ううぅ」とうめくのが精いっぱい。

「痛かったら、途中でやめるから」と言ってたので、
休み休みするのかと思いきや、「大丈夫、大丈夫、すぐ終わるから」って。。。

麻酔が終わったと思うと、舌先に釣りをするときの針みたいなものを刺され、
しかも、糸がついているので、舌を引っ張り出されるしまつ。
これも麻酔が効いてもしてない状態ですぐにやられたので、とんでもない激痛。

呻いても、「大丈夫、大丈夫、すぐ終わるからねぇ」って、取り合ってもくれません。
そらぁ、当然ですが、せめて麻酔が効いてからでも。。。

そうこうしている間に、すぐさまニッパーみたいなもので細胞をカットされました。
これも、麻酔が効いてない状態でしたので、とんでもない激痛。

ようやく終わって、完全に心が折れました。
たぶん、今まで生きてきた中で一番心が折れました。(笑)

最後に先生が言った言葉が、「麻酔効いてる?」だって。。。
心が折れてたので言い返せず。心の中で「殺す」と殺意を抱きました。(笑)


③抗がん剤治療
④副作用


③と④は化学療法で、ガンを叩くという表現をされるみたいです。
基本的にはガンをやっつけるのですが、ガンだけでなく、正常な組織も同時に攻撃するといった代物で、悪くもないのに内蔵やらなんやらを攻撃している状況になるため、副作用もきついということです。

私が記憶している副作用は以下のような内容でした。

Ⅰ.食欲不振
Ⅱ.吐き気
Ⅲ.便秘
Ⅳ.下痢
Ⅴ.じんましん
Ⅵ.味覚障害
Ⅶ.脱毛
Ⅷ.倦怠感・脱力感

※副作用ではありませんが、抗がん剤の点滴を投与されているときに
 点滴が漏れると、腕が腐るということでした。


抗がん剤の副作用で一番つらいと思ったのが、吐き気でした。
吐くと食べれなくなりますので、体力が消耗します。

あとは下痢なのに便秘です。
わけわかんないと思いますので説明をしますと、お腹の調子は下痢なのですが、いざトイレへいくと出ないというわけわかんない状況になります。お腹では出したいのにお尻ではでませんという風に言われ、なんとも表現のしようがない感情に悩まされます。

抗がん剤が終わると、少しずつ食欲が出てきますが、この時に悩まされるのが味覚障害です。この味覚障害はなかなかやっかいで、何を食べても味がしない。飲み込む瞬間に味がするという感じですので、パンなどはもってのほかで、吐き気をもよおすぐらい美味しくないと感じます。

このような時は、そうめんなどでなんとかお腹にいれます。とくにトマトは味がわかりましたので、トマトを中心に食べていました。このときは、減量中のボクサーという体験ができます。(笑)


あとは抜け毛ぐらいですが、ガン細胞は活性化が激しいので、活性化をしているところに抗がん剤が効くということです。そのため、毛根なども活性化が非常にされており、ここも同時に攻撃されてしまいます。結果、髪の毛が抜け落ちるということになります。

髪の毛が抜けだしたころは、楽しかったので、
自分だけでなく職場の人などにも抜かして遊んでいました。

ここで発見したのが、通常髪の毛を抜くと、
根元が丸く球根みたいになっていると思います。
それが、抗がん剤の影響で抜けた髪の毛の根元をよく見ると、
健康な時に抜いた時に見られる球根みたいなものがありません。

これは、ハゲになる人などと同じような仕組みで髪の毛が抜けるのかなとも思いましたが、こちらは副作用で抜けた髪の毛なので、どうなのかはわかりませんが(笑)

現在は、リンパ節郭清術の後遺症とも言うべきなのでしょうか、副産物と思わなければならないのでしょうか、わかりませんが、肩を中心に動かしにくいといった症状。治りかけになるピリピリという電気みたいな感じが常に舌と首にあります。

また、冷えるとどうも肩を中心とした腕が固まった状態で痛くなります。

振り返るとこのような感じですが、結局はどれも時間が経ってみないとわからない、もしくは、時間が経って解決してくれるという感じで、アドバイスなどを頂いたりしている方々からも同様の話を聞かせていただいております。

とにかくこのようなことは、気長に付き合い、気にせずに楽しく生活していくのが一番じゃないでしょうか?
なるべく、そのようにできるように生活をしていきたいと思います。



それでは、本日の食事!(なんで食べ物の話にとぶってw)
CIMG0098.jpg
ここのラーメンはしょうゆ味が中心で、あっさりなのですが背油が入るとコクがでてこってりっぽくなります。美味しいと思いますが、年配の方はヒツコク感じるかもしれないので、背油抜きでという注文もできます。

うれしいのは、自分の好みの注文ができ、麺の固さ、ネギの多さ、チャーシューの種類など自分の好みでラーメンを注文できます。近くにある方は一度ご来店を!(ラーメン屋の回しものかって。。)



ラーメンだけじゃお腹がすいてきたので、更に。。
(どんだけ食べれば気が済むのかわかりませんので、突っ込まないように)

CIMG0102.jpg
◆味噌汁うどん?
 はくさい、大根、厚揚げ、うどんをぶっこみ、味噌汁風にして食いました。

CIMG0100.jpg
◆あさりと野菜の酒蒸し風炒め物?
 あさりを酒蒸しして、キャベツ、ピーマンをぶっ込み、
 塩、こしょう、バターで味を整え、オリーブオイルを回し入れました。


ながながとお付き合いありがとうございました。
長すぎだとちょっと反省です(笑)
スポンサーサイト



いつもコメントや拍手など、応援頂きありがとうございます。
みなさまからの
  「励み・元気・温かい言葉」などを頂き、頑張っています。
  「悩み・質問・ブロとも・冷やかし」 何でも嬉しく思います。

◆◇◆1日1回の応援クリックお願いします◆◇◆
 にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ blogram投票ボタン


この記事へのコメント

NO TITLE

細胞診が所長も一番痛かった記憶が?
だって 舌に注射するんですからね。こちらは医師2人掛かりで一人が舌
引っ張り出す係り もう一人がニッパでチョキチョキ。(ToT)

ICUは至って快適でしたよ。(^^) ずっと眠ってたので。
おまけに 若くて綺麗なナースでしたから(^^)

気管切開術したので 其処から勝手に痰処理してもらったようです。
一般病棟に移ってからが テイッシュ使いまくりでした。
一日3箱ペースで4日ほどかな?

所長 | URL | 2009/07/03 (金) 11:38

ありがとうございます

> 所長さん

いつもコメントありがとうございます。

そうですよね!
細胞を取るのは簡単そうに言うのに、実際は一番ショックとして記憶に残っているような気がします。

私の場合も二人がかりで、ひとりに押さえつけられてたような気もします。
気管切開術はしていないので、口から常にタンを出しておりました。
一般病棟に移ってから2日ほどでタンが少しずつ気にならなくなっていきましたが、ティッシュの箱は手放せない状態は1週間ほど続いた記憶でした。

やっぱり、人それぞれで状態などがちょっと違うみたいですね。



細胞診が所長も一番痛かった記憶が?
> だって 舌に注射するんですからね。こちらは医師2人掛かりで一人が舌
> 引っ張り出す係り もう一人がニッパでチョキチョキ。(ToT)
>
> ICUは至って快適でしたよ。(^^) ずっと眠ってたので。
> おまけに 若くて綺麗なナースでしたから(^^)
>
> 気管切開術したので 其処から勝手に痰処理してもらったようです。
> 一般病棟に移ってからが テイッシュ使いまくりでした。
> 一日3箱ペースで4日ほどかな?

ドラゴンジュエル | URL | 2009/07/03 (金) 21:43

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。