スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告


 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いつもコメントや拍手など、応援頂きありがとうございます。
みなさまからの
  「励み・元気・温かい言葉」などを頂き、頑張っています。
  「悩み・質問・ブロとも・冷やかし」 何でも嬉しく思います。

◆◇◆1日1回の応援クリックお願いします◆◇◆
 にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ blogram投票ボタン


手術の心構えとは?

2009/07/15 (水)  カテゴリー/闘病日記


 
舌癌と告知されてから、ようやく3ヶ月が過ぎた。

手術の時を振り返ると、あんまり覚えていない。(笑)

手術後ICUに監禁され、一般病棟に移動しいろんな人を見ました。

ジュエルの場合は、ICUに3泊4日。(1週間ほど居てた位に感じました。)
そして、一般病棟に約1ヶ月。

手術後から約1ヶ月の期間入院をしていたので、
同部屋の人は入れ替わり立ち替わりと、
本当にいろいろな人が、目まぐるしく入退院を繰り返していました。

手術に関する同意書にサインをしないといけないのですが、
この説明がなかなか理解できない人。
大体二手に分かれますが、ひとつは単純に耳が遠くて理解しにくい人。
もう一つは、手術をしたくなくて理解したくない人。

後者の人は、本当に手術というものが怖いと感じているみたいでした。

手術の時間になっても、「イヤイヤ」をかなりしていましたし、
聞くところによると、手術室に行ってから駄々をこねるという人もいるみたいです。

そういうジュエルはどうだったの?と思われるでしょうが、

ジュエルの場合は、
病院側からすればとっても優良な患者だったと思います(笑)

手術室には早歩きでそそくさと向かい。
手術室に入ってからは、手術台にさっさと上がっていましたので、とっても手のかからない患者でした。

気持はどうだったのかと思いだしますと、
「怖い」とか「嫌だ」とか、そういう気持ちは全然ありませんでした。

どのような気持ちかという説明をするのが難しいのですが、
はっきりいって、「どうにでもなれ」という気持ちが一番近いような気がします。

良く言えば、「覚悟はできてます」みたいな感じですかね。。

「舌癌ですよ」と告知された時も、「そうですか」と思っただけでしたし。


【舌癌という病気】を調べると、
生存率というものが低いということがわかり、「そうなんだ」と思ったぐらいです。

生存率が低いといっても、どこを基準にするかによってかなり変わるみたいですが、一般的にガンというものに対する生存率というものが、舌癌の場合は低いみたいな感じでしたので、どこまでそうなのかとかよく知ることができませんし、転移の確率がかなり高いということは、なんとなくよくわかったぐらいです。

というのも、主治医の先生が舌癌の説明をしたときに、首のリンパは転移していないけども、転移の確率が約40%ほどあるので、リンパ節郭清術という手術をするという話をされたので、転移の確率が非常に高いということを理解できたということです。

たぶん、わかりやすい表現をすると、
ガンという告知をされ、自分の中で自然と受け入れることができていたので、手術というものを受け入れることができたように思います。

本当のところは、ちょっと違いますが、
【 ガン = 死ぬ 】 みたいな感じで思っていたのです。

実際は、【 ガン = 死ぬ 】というのは厳密に言えば違うのですが、そういうことの知識が乏しく、そのように思っていたということです。

ですので、他の人から比べると
「死ぬ」ということを自分の中で考えてたのだと思いますが、

「今まで自分の好きなように生きてきたから、死んでも後悔はないかなぁ」と思って、自分で「死ぬ」という覚悟を簡単に決めてしまっていました。

そこまで決めてしまっていたら、後は這い上がるだけですので、
「なんでもこい」という精神で、怖いもの知らずみたいな雰囲気でした。(笑)

主治医の先生も、ジュエル行動や言動などから
普通の患者さんと比べて、違和感がかなりあったようです。

通常ですと、
 「病気のこと」 「死ぬ確率」 「治る確率」 「手術の内容」
 「手術時間」 「手術の成功確率」 「後遺症」 「治療方法」 などなど

様々なことが不安でいろいろと話を聞きたがるのに、

ジュエルの場合は、まったく聞くことをしなかったので、
逆にプレッシャーを感じていたみたいです。(笑)

いつもながら、話しが脱線していますが(笑)
手術に対する覚悟というものを決めてしまうことが大事だと思います。

「治るぞ!」とか「絶対完治してやる」という意識も大事だと思いますが、ジュエルの場合は、そんなことは主治医に任せてしまうのが大事ではないのかなと思います。

なぜなら、信用や信頼できない人に手術をしてもらうってことは、どこかに歪みができると考えていますし、信用や信頼できる病院や先生を探すことが、患者にとって、もっとも大事なのではないのかなと思いますし、その分負担が減ります。

よくある質問やよく見かける内容に
「ガンではないか?」とか「ガンかもしれない」とか「ガンだったらどうしよう」ということをよく聞いたり、見たりします。

はっきりと言いますが!
そんなもん、「病院で診てもらえ!」

素人が見て判断できるものではないです。
不安を抱いてるより、はっきりと原因をしらべるのが大事です!

そして、早期発見することが大事です!
ウダウダしてる間に病気は進行します!
後手にまわるほど、治療が困難になり、さらに苦しい治療が必要になります!

偉そうに言っておりますが、ジュエルは舌癌になり入院をし、治療をし、そのような経験などから、やっぱりそうだなという答えを見つけていっているだけで、日本、いや、世界中の病院どこに言っても、同じようなことを言われると思います。

健康な人でも、
自分は大丈夫だとは思わずに体のことをケアしたり注意したりすることが大事です。また、病気の人や家族に病気の人がいるというひとは、納得できる病院や主治医を見つけることがいかに大事かをもう一度考えてもらいたいと思います。

。。。。。。。。。。。。まったく違う話になりましたが、(笑)

手術などで覚悟をしなくてもいいように、日頃から健康に気を使いましょう!
スポンサーサイト



いつもコメントや拍手など、応援頂きありがとうございます。
みなさまからの
  「励み・元気・温かい言葉」などを頂き、頑張っています。
  「悩み・質問・ブロとも・冷やかし」 何でも嬉しく思います。

◆◇◆1日1回の応援クリックお願いします◆◇◆
 にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ blogram投票ボタン


この記事へのコメント

No title

ジュエルさんは私ですか?ってくらい考え方に共感する点が多々あるのでいつも楽しく読んでいます^^

私も告知される前から舌癌についてめちゃくちゃ調べていたので、宣告された時も「やっぱりな」って感じでした。が、家族に連絡しようと携帯を持つ手は震えてましたけど‥
手術前も「全身麻酔するねんから怖くないし~」って感じでした。が、手術直後はジュエルさんと同じく「苦しい苦しい‥二度とこんな手術したくない!!!」「放射線の治療にしたらよかった」(放射線の治療も手術と変わらないくらい苦しいのに‥)なんて思ってました‥

やっぱり一般的には、「ガン=死」ってイメージですよね。
「グリーンさんって癌なんですって!かわいそうに‥」って目で見られたくないので、私はごく親しい友人にしか病名を教えてません。

癌?手術?生存率?そんなもん怖くねぇわ!とか思いながら病名を正直に言えないなんて、なんか矛盾している私‥^^;

グリーン | URL | 2009/07/15 (水) 13:53 [編集]

グリーンさん ありがとうございます。

>グリーンさん

コメントありがとうございます。
(2回目だったかな・・・? 最近記憶喪失が多くて、違ってたらごめんなさいw)

こんなジュエルのブログなんて、どこが面白いのかと思っちゃってます。(笑)

最近、アクセスが急に伸びているのでかなり焦っております。。。
このブログはこんなにたくさんの人の目に触れてもいいのもかと
疑問に感じ始めており、このあたりでやめちゃおうかなと考えたりしております(笑)

グリーンさんはジュエルの考えによく似ているとおっしゃっていますが、

グリーンさんにジュエルの考えが似ているのか、
はたまた、ジュエルがグリーンさんに似ているのか。。。。

あれ?どっちがどっちだ?(笑)

どっちでもいいか(笑)

性格だけでなく、独身だとか、実家に追い出されたとか
その辺まで。。。。。。。似てるわけないか(笑)

ま、ためになるような内容が
「まったく!」 「これっぽっちも!」 ないので、
適当に突っ込みなどをいれていただき、楽しんで頂ければと思います。

また、コメントお待ちしております。(毎日でもOKですよw)





ジュエルさんは私ですか?ってくらい考え方に共感する点が多々あるのでいつも楽しく読んでいます^^
>
> 私も告知される前から舌癌についてめちゃくちゃ調べていたので、宣告された時も「やっぱりな」って感じでした。が、家族に連絡しようと携帯を持つ手は震えてましたけど‥
> 手術前も「全身麻酔するねんから怖くないし~」って感じでした。が、手術直後はジュエルさんと同じく「苦しい苦しい‥二度とこんな手術したくない!!!」「放射線の治療にしたらよかった」(放射線の治療も手術と変わらないくらい苦しいのに‥)なんて思ってました‥
>
> やっぱり一般的には、「ガン=死」ってイメージですよね。
> 「グリーンさんって癌なんですって!かわいそうに‥」って目で見られたくないので、私はごく親しい友人にしか病名を教えてません。
>
> 癌?手術?生存率?そんなもん怖くねぇわ!とか思いながら病名を正直に言えないなんて、なんか矛盾している私‥^^;

ドラゴンジュエル | URL | 2009/07/15 (水) 22:15

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。