スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告


 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いつもコメントや拍手など、応援頂きありがとうございます。
みなさまからの
  「励み・元気・温かい言葉」などを頂き、頑張っています。
  「悩み・質問・ブロとも・冷やかし」 何でも嬉しく思います。

◆◇◆1日1回の応援クリックお願いします◆◇◆
 にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ blogram投票ボタン


立ち話。

2010/03/01 (月)  カテゴリー/闘病日記


 
今日はひょんなことからお客様との立ち話に突入。

突入のキッカケは、
「兄ちゃん久しぶりやねぇ~」からスタートしたのですが、

受け方がマズカッタ。。。
「病気で入院してましたからねぇ~」と思わず言ってしまった。

言ってから、しまったと思った時にはすでに遅し。。


「何の病気やったん?」とリサーチが始まり。

「そうかぁ、癌やったんかぁ」と聞くと
そこからお客様の歴史を聞かされるという
よくあるお決まりのパターンに・・・・

そのお客様は「胃癌の初期」だったらしく、
病名を聞かされた時には、
「自分の人生もここまでかと」一晩中泣いてたという話で、
そこから入院、手術の話を延々語られ
満足したところでようやく終止符が打たれました。

約20分。

配達の途中、その後雨まで降ってくる始末。

しかしながら、癌患者で5年経過している方ですので
大先輩ということですから、癌も今ではきちんと対処すれば
怖くないという生きている証明です。(笑)

20分の間、「兄ちゃん頑張りや」という言葉が約10回。
「若いから大丈夫だって」という言葉が約10回。

ま、、、まぁ、頑張ります。
としか言うすべもなく。。。

とりあえず、身近に生きている方がいて、
癌も完治する病気になっているということが証明されていることで
なんか大丈夫なような気がします。(笑)

言われた言葉の中で一番残った言葉が、
「死ななかったことがそういう運命なのよ」という言葉です。

これは、ご自身でも死を覚悟した気持ちが言わせているのでは
ないのかなと思いました。

運命という言葉でなんでも片付けられるわけではないのですが、
そう思うことで自分が生きているという実感を得てるのではないでしょうか。

もっと生きているということを大事にしないといけないと痛感させられました。
さすが、79歳(笑)
スポンサーサイト



いつもコメントや拍手など、応援頂きありがとうございます。
みなさまからの
  「励み・元気・温かい言葉」などを頂き、頑張っています。
  「悩み・質問・ブロとも・冷やかし」 何でも嬉しく思います。

◆◇◆1日1回の応援クリックお願いします◆◇◆
 にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ blogram投票ボタン


この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。