スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告


 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いつもコメントや拍手など、応援頂きありがとうございます。
みなさまからの
  「励み・元気・温かい言葉」などを頂き、頑張っています。
  「悩み・質問・ブロとも・冷やかし」 何でも嬉しく思います。

◆◇◆1日1回の応援クリックお願いします◆◇◆
 にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ blogram投票ボタン


癌が減少。でも死亡率No1?

2010/03/18 (木)  カテゴリー/闘病日記


 
今日はへんてこなお話です。

ジュエルも昨年2009年に舌癌と認定?され
手術をし、一応の復活を遂げています。

世界的にみると癌ってどうなんだろうと思っていましたが、
どうやら、医療の進歩と教育キャンペーンなどのによって、
アメリカではがんの死亡率はこの20年で約16%減少しているらしいです。


しかしながら、アメリカでは2009年には150万人が癌になり、
56万人が死亡しているとのこと。

今年には、心疾患を抜いて
「世界で最も死者数の多い病気」になると予測されているらしいです。

アメリカでは、ガンの死亡率が下がっているのに
死者が最も多い病気というとこ?
なんとなく変な感じですが、発表されている記事を見たので
間違いはないのでしょう。


昨年の2009年で150万人が癌、そして死亡したのが56万人。
約1/3が死亡するという病気なのですね。
約37.3%が死ぬということですね。

ジュエルは62.7%の生存者に入っているということでしょうが、
たぶんこの数字、5年後にならないと生存者の中にいてたという結果には
ならないのでしょうね。

さて、@4年。
2014年になれば、生存確定ということでしょうから、
それまで、このブログが途切れてしまったら、死亡したと思ってください。(笑)
スポンサーサイト



いつもコメントや拍手など、応援頂きありがとうございます。
みなさまからの
  「励み・元気・温かい言葉」などを頂き、頑張っています。
  「悩み・質問・ブロとも・冷やかし」 何でも嬉しく思います。

◆◇◆1日1回の応援クリックお願いします◆◇◆
 にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ blogram投票ボタン


この記事へのコメント

へんなの!

いったいなんの統計なんでしょう?へんなの!
医者のいう生存率は、患者がどんな状態でも生きていたっていうことで、決して普通に社会生活が送れたということじゃないんです。
医者がいうのは命を延ばしたってことで、患者の生活のクオリティーは問題じゃないのよ。だから、1番大切なのは、癌になった人の生活の質です!ジュエルさんは勝った!っていうことですね。
がんばってブログ更新してくださいよ!じゃないと。。。勘違いされちゃうよ!

葵林檎さん | URL | 2010/03/19 (金) 15:54

Re: へんなの!

> 葵さんへ

なんかテンションが変?
腰痛はどうよ?
そのうち膝にくるかもよ?

気をつけろぉぉ~~っ。。。。。。(なんか古い)

ジュエルはまだまだ勝っていません。
@4年もあるので。。

ドラゴンジュエル | URL | 2010/03/20 (土) 00:23

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。