スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告


 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いつもコメントや拍手など、応援頂きありがとうございます。
みなさまからの
  「励み・元気・温かい言葉」などを頂き、頑張っています。
  「悩み・質問・ブロとも・冷やかし」 何でも嬉しく思います。

◆◇◆1日1回の応援クリックお願いします◆◇◆
 にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ blogram投票ボタン


食べ過ぎるとどうなるか(免疫力 第10回)

2010/06/04 (金)  カテゴリー/闘病日記


 
今日は疲れました。
とても疲れました。

いろいろとトラブルが連発で、対応に追われ~追われてぇ~♪
と、可笑しくなっております。ケラケラケラ。

ブログをまともに更新する地震が。。。。
地震が。。。。。

自信がございません!!(ひっぱりました。w)


もう前置きなんていりません!
本題いっとこ!!!!


【食べ過ぎるとどうなるか。】(ほんとにストレートですw)

前回では、食べ過ぎると免疫力が低下するメカニズムを紹介しました。

今回は、食べ過ぎるとどうなってしまうのか。
めんどうなので、結論から。

みなさんご存知のメタボ。(グサッグサッグサッ。。。ジュエルの心に突き刺さりました。)
そう、メタボリック・シンドロームです。

「あぁ、おでぶちゃんになるのね?」と軽く思われた方いらっしゃいますよね!

まだまだありますぞ!!!

・脳梗塞(のうこうそく)
・痛風
・心筋梗塞
・糖尿病
・ガン
・肥満
・脂質異常症
・脂肪肝

といった症状がでます。

ちなみに、ジュエルは舌癌手術前のCT検査で
肝臓に影が見える。
「ガンなら舌と肝臓を同時手術しなければならない」と言われました。

結果。

「脂肪肝だな!」とあっさり? ばっさりと言われました。
ある意味、ガンと告知されたよりショックを受けましたから。。。(笑)


ではどのようにして、このようになるのか。
それは食べ過ぎると、血液は胃腸に集中すると前回に説明しました。
胃腸に血液が集中したらどうなるか。
他の場所への循環がわるくなるということです。

例えば、大腸や腎臓に流れる血液も当然悪くなります。
すると、排泄が悪くなってしまい、血液に老廃物が溜まってしまいます。

血液の働きとして、栄養や酸素などや老廃物を運搬するという
役割があるのですが、廃物が溜まってしまうと運搬ができなくなってしまいます。

当然、体の調子も悪くなる。
結果、上記で述べたような症状になって表れるということになるのです。

特に気をつけたいことがあります。

ここ重要ですよ!
動物性たんぱく質の取り過ぎは危険です。
肉、卵、バターなどは食物繊維は含まれてないので、女性の天敵「便秘」を引き起こし、
さらには腐敗菌を増殖させちゃいます。
腐敗菌は腸の中でアンモニアなどの猛毒物質を作り出します。
その猛毒物質が血液に吸収されて汚れてしまうという恐ろしいことになるのです。

まだまだ続きますよ。
吸収された動物性たんぱく質は、肝臓でアミノ酸に分解されます。
ここまではいいのですが、余ってしまったものは血液に送られるのです。
すると血液は酸性になり、それを中和しようと骨や歯などからミネラルを引き出しすことになり、
体内のミネラルが不足してしまいます。ミネラルが不足するとどうなるか。

なんと空腹のシグナルをバンバンと発生させてしまいます。

ということは、また食べて。。。。。。と悪循環の繰り返しになり、
最初に説明した症状になってしまうのです。

昔から言われる「腹八分目」とはよく言ったものです。
しかしながら、現代では「腹七分目」が良いそうですよ。♡


今日も頑張って頭を使いましたので、ここまでにします。
次回は「からだを冷やす食べ物」について少し触れたいと思います。
スポンサーサイト



いつもコメントや拍手など、応援頂きありがとうございます。
みなさまからの
  「励み・元気・温かい言葉」などを頂き、頑張っています。
  「悩み・質問・ブロとも・冷やかし」 何でも嬉しく思います。

◆◇◆1日1回の応援クリックお願いします◆◇◆
 にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ blogram投票ボタン


この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。