スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告


 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いつもコメントや拍手など、応援頂きありがとうございます。
みなさまからの
  「励み・元気・温かい言葉」などを頂き、頑張っています。
  「悩み・質問・ブロとも・冷やかし」 何でも嬉しく思います。

◆◇◆1日1回の応援クリックお願いします◆◇◆
 にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ blogram投票ボタン


病気に大切なこと。

2010/08/13 (金)  カテゴリー/闘病日記


 
毎日暑くてダルダルになります。

こうしてブログを考えていても、
頭の中がゆでダコになるような暑さ。

考えてまとまりそうな感じなのに
この暑さのせいでまとまらない。(いつもまとまってないかw)

舌癌の手術をしてから、1年と4ヶ月となります。
手術をしてから、まるまる1ヶ月は病院に監禁され、
そして、1ヶ月毎に1週間入院の抗癌剤治療をしました。
1週間の抗癌剤治療ですが、本来なら2~3週間は入院しろと
言われましたが、そこはほら。。。苦痛で仕方のないところにいても(笑)

とにかく、なんとか現在に至っており、
次の検査が10月7日(木)にCT検査や胸部X線、血液検査の予定です。

毎回何事もなければと思うのですが、これも出たとこ勝負ですので、
運が悪ければ「あたり」なぞを引いてしまう。

5年間は、なんとか「ハズレ」を引き続けていたいのが本音ですが、
こればっかりはどうなるものでもありません。


とはいうものの、ここにきて病気に関して落ち着いております。
たまには、病気とはどういうものなのかということを
忘れないように考えております。

病気をして、実感し、大切なことが少しわかったような気がします。
普通の人ならば、病気の真っ最中にしっかりとした考えや情報収集などをされ、
病気へ立ち向かっていくと思います。

ジュエルの場合、病気の真っ最中は、なぁ~んも考えておりませんでした。(笑)
大きな理由として、考えても変わらないし、仕方が無いと思っていたこと。
そして、死ぬときは死ぬし、と思っていたのです。(笑)

周囲の方々から、めちゃくちゃ気性が強いなと言われますが、
なんも考えてないし、考えるのがめんどうなので、そう言われてもピンときておりません。

ここへきて、大事なことが少し見えたような気がしているのですが、
病気と闘うために大切なことが確実にあると思います。

まず、

【自分の病気と闘える先生や病院に巡り合えるか。】
運のような感じがしますが、現在ではセカンドオピニオンという方法もありますし、
インターネットという情報源もある。そして、さまざまな本も出版されていますので、
調べようと思えば色々な方法があり、努力すれば最良の場所へたどり着くことが
できると思います。ジュエルの場合は、たまたま行ったところからたらいまわし。。。
言い方が悪いですが、紹介、紹介でたどり着いたところがよく、
結果的にジュエルにとって最善の場所だったような気がしております。

2つ目は
【闘病生活ができる環境にあるか。】
これはなかなか難しいと思います。
職場環境や治療費、保険など、健康な時には考えもしなかったような
障害が待っています。単純に大丈夫という考えではとてもとても無理です。
一人で病気と立ち向かうということは非常に大変なことだと痛感しました。
たまたま、ジュエルの場合は職場環境など周囲の理解がとてもよかったので、
凄く助かりました。ただ、ジュエルは迷惑を誰にもかけないようにと思っていましたので
入院中や闘病生活中は、ジュエル一人ですべてをしておりました。
ほんとうに心身とも疲れましたが、気力だけは絶やさないように心がけ、
なんとか乗り切りましたが、次はどうなのと聞かれると同じようにできるとは
答えられません。

そして大切なのは保険だと痛感しました。
何もない時はとてもじゃまなものなのですが、いざというとき、
これほど頼れるものはありません。

この機会にもう一度、みなさんも保険のことを考えてみてください。

こういうところを使って保険を比べるのも
一つの方法ですので参考にしてみてください。





3つ目は
【信じる心を持つこと】
1~2は、環境面での話をしましたが、難しいことではありません。
たぶん「病気と闘うための強い心を持つ」と思う方が多いのだと思いますが、
そんなもん難しすぎて、みんなできるかどうかわかりませんよね。

たしかに病気と闘うぐらいの強い気持ちを持つことができればいいのですが、
なかなか難しいですし、どういう気持ちになれば戦うということなのかも
よくわかりません。

ジュエルの場合は、
「病気という事を受け止めてマイナス思考にならないようにする。」これだけです。
「病気だからダメだ。」とか、「治らないかもしれない」とか、
「どうせ死ぬんだ」とか、そんなこと思っても仕方が無いということを言いたいのです。

それよりも、入院したなら入院生活を。
手術をしたら、手術の体験を。
普段では経験できないことを経験できますし、楽しく生活する方がいいと思いませんか?

ジュエルは入院して、薬漬けにされ、毎日吐いていたのにもかかわらず
看護師さんにしょっちゅう探されておりました。(笑)
病院内を探検したり、買い物に抜け出したり(これはお勧めできませんが。w)
毎日、楽しみを探すようにしておりました。手術後でしたので、歩き回るということは
体力の回復も早くなりますし、職場復帰してすぐに手術前と同じ仕事をこなしてました(笑)
外出禁止令も出されたので、DVDを持ち込んだり本を読んだりと入院生活をエンジョイして
こんな患者見たことないまで言われたことを覚えております。^^;

なんだかんだで、話の内容はよくわからないとは思いますが、
3つのポイントを抑えれば、病気と向き合うこともできますし、
辛い闘病生活も乗り越えやすいということなのです。


もっと簡単に言いますと、

自分で考えたり対策をたてたりしても、病気のことは病気の専門家に任せとけばOKで、
その分負担が軽くなるということ。そして、闘病生活をするためには、周囲などの
環境も大切で、理解を得れるように普段から心がけておきましょうということ。
この2つができていれば、病気と闘う体制が整い、治療に専念できるということで、
あとは自分自身が病気というものを受け止め、乗り越えて行ける気持ちを作ることが大事です。

よくわからない話になってしまいましたが、
暑さで脳みそがやられちゃったんだなということで(笑)

【夜ご飯】

晩ご飯を久々にブログにUPです。
(ブログ自体が久々だろって突っ込みが聞こえそうですがw)

20100813012724.jpg


20100813013359.jpg


相変わらず見かけ倒しですが(笑)
スポンサーサイト



いつもコメントや拍手など、応援頂きありがとうございます。
みなさまからの
  「励み・元気・温かい言葉」などを頂き、頑張っています。
  「悩み・質問・ブロとも・冷やかし」 何でも嬉しく思います。

◆◇◆1日1回の応援クリックお願いします◆◇◆
 にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ blogram投票ボタン


この記事へのコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2011/02/10 (木) 10:15

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。